原因と治療

最近女性に多い病気として、顎関節症があります。
この顎関節症というのは、あごの関節周辺に何らかの異常が発生する病気です。
その症状というのは、口を開閉した時にカクカクという音がすること、顎の強烈な痛みなどです。
その他にも、耳の痛み、難聴、めまい、眼精疲労といった症状、頭痛や首、肩こり等が起きる場合もあります。
そもそもなぜ顎関節症が起こるかというと、日常生活の習慣によるものが大きいです。
たとえば、食事時に左右どちらかの歯だけで噛む習慣です。
一方でばかり噛んでいると、顎の片側だけに多くの負担をかけることになります。
それで、発症の原因になるのです。
その他にも、普段の生活で、うつ伏せ寝、頬杖をつく癖、猫背も顎に負担をかけ、発症の原因となります。
顎関節症の治療には、専門医に相談することが最適です。
専門医は、まず痛みを取るための薬を処方してくれます。
顎関節症の症状が軽症であれば、痛み止めで痛みを抑えながら自然と治るの待つことになります。
もともと人間には自然治癒能力があるので、その治癒力で回復を待ちます。
その他の治療方法として、就寝時に顎関節症治療用マウスピースをはめる方法があります。
マウスピースでは顎を安定した位置に固定させることができるので、元の状態に顎が回復可能です。
他にも、マウスピースは歯ぎしりや食いしばりを防ぐ効果もあるので、顎の負担を軽減させる効果もあります。
何はともあれ、顎関節症になったら専門医に相談することが最善です。

症状について

 顎関節症とは、顎関節部や咀嚼をする際に使う筋肉等に、痛みや疼き、関節音や口の開閉障害等の症状が起きる疾患の総称です。
起きている症状の違いによって、咀嚼筋障害、変形性関節症等の細かな分類がされます。
 自覚症状として痛みや疼き等以外にも、耳の痛みや難聴、頭痛や首・肩のコリ等が起きる場合があります。
 顎関節症が起きる原因は断定はされていないです。
ただ、日常の様々な生活習慣が要因の一つになっていると言われています。
例えば、よく頬杖をつく、柔らかい物しか食べない等があります。
他にも、肉体的・心理的ストレスが蓄積する事も引き金となっていると考えられています。
 顎関節症の治療についてですが、現在のところ確固たる治療方法は発見されていないです。
そのため、様々な種類の治療方法が存在しています。
専門医が顎関節症になっている原因らしきものを推察した上で、最も効果的な治療方法を選択するようになります。
 専門医による治療方法の代表的なものとしては、薬物療法や理学療法、スプリント療法等があります。
 顎関節症は悪化する前に、病院で早めに治療する事が大切です。
しかし、病院での治療となると、気になってくるのが費用です。
症状の種類や重さには個人差があるので、費用がどの程度かかるかは一概には言えないです。
ただ、一般的には一回で数千円から一万円程度かかると言われています。
しかし、大掛かりな歯の矯正が必要になったりすると、数十万円かかる場合もあります。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年4月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930